「将来が不安!」派遣社員で3年働いたその後はどうなるの?

派遣社員

もうすぐ派遣先の抵触日を迎えます。

仕事がなくなってしまうのが不安です。

派遣社員として働くと、基本3年で抵触日を迎えます。

これを「3年ルール」と呼ばれており、先が見えない不安を抱える派遣社員は多いですよね。

そんな3年働いたその後について不安を抱えている方の参考になると嬉しいです。

3年ルールとは?

派遣社員は同じ職場で3年以上働くことができないという3年ルールが定められているのです。

「3年以上は続けられない」と言われると漠然と不安でいっぱいになってしまいますよね。

しかし、3年続けると雇用安定措置が法律で義務付けられているのです。

雇用安定措置ってどんな法律?

派遣社員として3年働いた人に対しては、その後も雇用を安定させられるように派遣会社側が動いてくれる措置です。

    1. 派遣先への直接雇用を依頼
    2. 新たな派遣先の提供
    3. 派遣元での無期雇用
    4. 安定した雇用の継続を図るための措置
    5. その他




1.派遣先への直接雇用を依頼

派遣先から「直接契約をしたい」とお話をもらえると派遣契約終了後も直接雇用で契約してもらえます。

正社員、契約社員、嘱託社員など雇用形態や条件など、企業からの条件を聞いた上で判断できますので、条件が合えば直接雇用も可能です。

派遣社員で働くより待遇が悪くなることもあるので即決はせず条件を聞いてよく検討した上で判断しましょう。

2.新たな派遣先の提供

3年働くと優先的に新たな派遣先の提供してもらえます。

安心して企業に紹介できるという派遣会社からの信頼も得られるようになるのです。

希望する条件を伝え、いい案件があれば電話やメールでお仕事の紹介連絡をもらえます。

3.派遣元での無期雇用

派遣会社で「有期雇用」で働いていると3年ルールが定められますが、「無期雇用」の場合は3年ルールは適用外となります。

3年契約が終わる段階で「無期雇用」に切り替えてもらえる場合もありますので、派遣会社に相談して企業に交渉してもらいましょう。

4.安定した雇用の継続を図るための措置

有給の教育訓練、紹介予定派遣などが受けられます。

5.その他

3年の抵触日が来ても、部署が変われば抵触日はリセットされ、またそこから3年働くことが可能です。

「社風が良くて働きやすい」、「アクセスが良い」などこのまま続けたいけれど3年ルールが邪魔をしているという場合は、他部署に空きがあれば移動させてもらえることもあります。

部署が変われば仕事はまたイチから覚える必要がありますが、新しい会社でゼロから始めるよりはいいのかもしれませんね。




仕事が見つからない場合

雇用安定措置で優先的に仕事を探してもらっても、条件が合わなかったり、契約ができず仕事が見つからない場合は、「会社都合」となります。

会社都合の場合、7日間の待期期間を経てすぐに失業保険を受給できます

しかし、注意点としては派遣会社から離職票が届くまでは手続きができませんので、その期間は無給となりますので、3年ルールを踏まえて、すぐに仕事が見つからない時のためにお金を貯めておくことをおすすめします。

また、抵触日に合わせて他の派遣会社も登録をしたり、転職活動を始めておくといいですね。



まとめ

派遣社員として働いていると将来の不安はありますが、派遣会社のサポートがありますので3年働いた先の選択肢はひとつではありません

働き続けられるかは企業の評価はもちろんですが、縁やタイミングも大きく左右します。

職場が変わればまた新たな出会いも待っていますし、より恵まれた環境で働ける可能性もありますので、焦らずに人生を見つめ直して、またリスタートできるきっかけにしていけるといいですね。

今は大変でも、振り返った時には「意味があった」と思える人生にしていきたいですね。



にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました