派遣社員が会社都合で退職したら、健康保険料がおトクになった理由は?

派遣社員

派遣社員で働いていて、契約満了、派遣切りなどが理由で失業した場合、健康保険料がおトクになる切り替え方法をご紹介します。

退職後国民健康保険に切り替えると、国民健康保険料の軽減手続きができます。

退職後に保険の切り替えで迷われている方は参考にしてみてください。

派遣社員が国民健康保険に切り替えて軽減できる条件は?

  • 離職年月日が平成21年3月31日以降
  • 離職年月日の時点で64歳以下
  • ハローワークでもらう雇用保険受給者資格証の離職理由コードが「11」,「12」,「21」,「22」,「23」,「31」,「32」,「33」,「34」のいずれか

※雇用保険受給者資格証の右上に「特」、「高」の表示がある人は対象外です。

※お住いの地域によって条件が変わる可能性がありますので、詳細は役所へ確認をしてみてください。

国民健康保険を軽減できる内容は?

国民健康保険料は、前年度の所得によって決まりますが、保険料の算定基礎となる前年所得の給与所得を30/100として計算します。

高額療養費などの所得区分も、給与所得を30/100として判断します。

会社からの給与以外に所得がある場合は、100/100として合算されてから計算が行われて保険料が決まります。

国民健康保険料が軽減される期間は?

国民健康保険料は、離職日の翌日の月から翌年度末まで適用されます。

最大で2年間軽減されます。

国民健康保険料軽減の申請方法は?

条件を満たしている人は、お住いの地域の役所の国民健康保険の窓口で届出を出します。

国民健康保険に加入し、軽減申請をする方法

  • 雇用保険受給資格者証
  • 社会保険資格喪失証明書
  • 世帯主の保険証(国民健康保険、社会保険など加入している場合)
  • 世帯主及び減額を受ける人のマイナンバーカード
  • 通帳

国民健康保険への切り替え手続きは退職日から14日以内に行わなければなりません。

期限までに雇用保険受給資格者証の用意ができれば一度に手続きができます。

国民健康保険に加入後に、軽減申請を行う方法

退職日から14日以内に雇用保険受給資格者証の用意が間に合わない場合、先に国民健康保険の加入する必要があります。

ハローワークで失業保険の申請をすると、初回認定日に雇用保険受給者資格証を発行してもらえますので、後日役所で軽減申請を行いましょう。

  • 雇用保険受給者資格証
  • 国民健康保険証
  • 世帯主及びマイナンバーを受け取る人のマイナンバーカード

初回の国民健康保険料確定時に処理が間に合わない場合は、後から遡って減額可能ですが、届け出が遅くなると保険料の減額ができなくなる可能性があります。

早めに手続きをされることをおすすめします。

雇用保険受給者資格証は、(仮)で交付されているものでは受付できませんので、ハローワークから発行されてからを持参しましょう。

まとめ

派遣社員で働いていて会社都合で退職した場合は、国民健康保険料を軽減できますので手続きをするとお得です。

離職票のコピーにも離職理由コードは記載されていますが、あくまでも雇用保険受給者資格証がなければ手続きはできません。

発行されるまでに時間がかかりますので、先に国民健康保険への切り替えを済ませておいて、その際に分からないことがあれば窓口で質問をすると、安心して手続きを進められますのでおすすめです。

お住いの地域によって制度が異なる可能性がありますので、まずは国民健康保険料を軽減できるか問い合わせてみてください。

失業期間中は収入がありませんので、保険料を軽減できるととても助かりますね。


にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました