派遣社員が退職して健康保険を切り替える方法をご紹介します。

派遣社員

派遣社員で働いていた会社を退職し、次の仕事がすぐに決まらない場合は保険の手続きが必要です。

手続きには期限がありますので、退職後は早めに検討をしてスムーズに手続きを行うことをおすすめします。

保険の切り替えで悩まれている人の参考になると嬉しいです。

健康保険の切り替え方法

健康保険の切り替えは3通りの選択肢があります。

  • 社会保険の継続
  • 国民健康保険への切り替え
  • 家族の扶養に入る

社会保険の継続

退職した日から20日以内に加入していた保険会社に社会保険の継続手続きを行うと、加入していた健康保険に任意継続ができます。

退職日の前日までに「継続して2ヶ月以上の被保険者期間」があることが条件です。

加入期間は最長2年間です。

健康保険は扶養家族も一緒に保険に加入することができますので、扶養家族がいる場合は社会保険を継続する方がお得です。

注意点としては、退職前は健康保険料は会社と折半していましたが、退職後は全額自己負担となりますので倍の保険料がかかりますので気を付けましょう。

国民健康保険への切り替え

国民健康保険への切り替えは、退職日翌日から14日以内にお住いの地域の役所で手続きを行います。

保険料は前年度の収入により決まります。

  • 社会保険資格喪失証明書
  • 身分証明書
  • 通帳

これらを持参すると、役所の国民健康保険の窓口で手続きを行うことができます。

国民健康保険には扶養家族という制度がありませんので、家族もそれぞれ加入しなければなりませんので、扶養家族がいる場合は要注意です。

国民健康保険の軽減とは?

派遣社員は、3年ルールが定められておりますので契約満了、派遣切りなどで失業した場合、国民健康保険料を軽減することができます。    

会社都合で失業した場合は国民健康保険料の軽減申請も忘れずに行いましょう。

家族の扶養に入る

家族が健康保険に加入している場合、退職した後の収入が基準額の範囲内であれば家族の扶養に入ることができます

扶養に入ると保険料はかからないので、入れるのであれば扶養に入るのが一番お得です。

  • 収入が130万円未満である
  • 3親等内の家族である など

扶養に入る条件に満たしていればOKなので、家族の勤めている会社に扶養に入れるかを確認してもらいましょう。

退職後、社会保険と国民健康保険どちらに切り替えるべき?

社会保険、国民健康保険の保険料は、問い合わせると教えてもらえます。

家族の人数や状況、退職理由によって保険料は異なりますので、保険料を確認して比較されることをおすすめします。

まとめ

日本国民であれば必ず公的医療保険に加入しなければなりません。

退職が決まったらどの保険に切り替えるかを検討しておくと、スムーズに手続きできますのでおすすめです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました