派遣社員のお給料管理方法をご紹介します!

派遣社員
スポンサーリンク

今日は月に一度のお給料日でした。

お給料は一ヶ月の頑張りをいちばん感じられる日なので嬉しいですね。

ご存じの通り派遣社員は時給制で待遇がいいわけでもなく、毎月カツカツではありますが、今日はわたしのお給料管理方法をご紹介したいと思います。

お給料日のルール

  • 全額下ろす
  • 千円札は10枚以上
  • 使う前に振り分ける

全額下ろす

お給料日当日(土日の場合は休前日)にATMでお給料を全額おろします。

帰りに強盗に遭わないか、この日ばかりはドキドキします。

千円札は10枚以上

細かく振り分けるので、千円札多めでおろします。

金額を入力後、両替ボタンを押すとわたしの利用する銀行では10枚プラス端数の分が千円札ででてきます。

ATMからお金が出てきた瞬間の札束の厚みがたまりません。

全部1万円だったらいいのになという妄想を抱きながら今日もおろしてきました。

使う前に振り分ける

お給料に手をつけるのは必ず振り分けた後と決めています。

お給料日に寄り道をする場合は前の月の残りのお小遣いから使うようにしています。

貯金をするためには?

  • 予算を決める
  • 前月分の残り
  • 振り分けた残り
  • 残業代

貯金は得意ですか?わたしは苦手です。

余裕をもって残せる稼ぎもありませんが、その分必要な時にお金を用意できるよう、毎月振り分けるようにしています。

予算を決める

  • 必要な固定費
  • 車費(税金、車検代など)
  • 税金(市民税)
  • 美容室、病院代
  • 趣味費

など、毎月積み立てるようにしています。

特に車費や税金などは請求が来て初めて焦り苦しい思いをした経験が何度もあるのでさすがに懲りました。

ボーナスのある社員だといいのですが、派遣社員は毎月のお給料からやりくりをしなけければなりません。

ちなみに予算は多めに見積をしていて、万が一足りない場合は補填したり、溜まったら貯金に回したりしています。

前月分の残り

わたしのお小遣いは1か月3万円です。

洋服を買ったり美容に掛けるお金は含まれていないので、緩いのかもしれませんが、それでも以前はカツカツでした。

最近はコロナウイルスの影響でおうち時間が増えたのでお金を使わなくなり、お釣りが出ることも増えたので毎月お給料日の時点で残っているお小遣いは貯金に回したり、欲しいものを購入しています。

お小遣い減額も考えましたが、余った分から貯金の方がわたしには向いているようです。

振り分けた残り

1月の予算以上の収入がある場合は、まずは手元に保管し、1か月手を付けずに過ごせたら貯金に回すようにしています。

予定外の出費が多く、オーバーしてしまう月や、欲しいものがある時はこの中から使用しています。

残業代

残業代はプライベートな時間を削ってまで仕事を片付けたご褒美です。

意識せずに使ってしまうのはもったいないですよね。

なので、残業代、時給UP代は貯金をして残すようにしています。

おすすめ貯金法

マルチケースを使用

銀行の封筒を利用してお金をそれぞれの封筒に振り分けます。

用途や日付など記載しておけるので忘れっぽいわたしには最適な方法で一目瞭然で管理しやすいです。

振り分けした封筒もそのまま入れています。

マルチケースのメリット

  • お金の管理がしやすい
  • 普段持ち歩かないカードも収納できる(病院の診察券など)
  • 通帳の保管もできる
  • 母子手帳、パスポートなども保管可能
  • デザイン選びから楽しめる

いろんなデザインのマルチケースがありますので、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

クリアケースに振り分けるのも便利ですね。

わたしは友人からプレゼントでいただいたのがきっかけだったので、プレゼントで贈っても喜ばれるのではないでしょうか。実用的なものって嬉しいですよね。

つもり貯金

使うつもりだったお金はないものと考えているので、以前お菓子が入っていた容器(見えない場所に置く)にお金を入れています。

  • 会社の人にご馳走になった
  • 振り分けた予算の残り(スマホ代など)
  • 外食を自炊に切り替えたとき

基本的には月3万円のお小遣いの中から使ったつもりでよけています。

格安スマホを使用しており、スマホ代は月4千円で見積もっていますが、月によってギガ数を変更しているので3千円で収まった時は千円をつもり貯金にいれています。

無理なくお札が貯まっていくのは嬉しいですね。

開けられない貯金箱を使う

小銭は貯金箱に入れますが、自分では開けられない貯金箱を使用しています。

小銭が必要な時、お小遣いが足りない時は不便ですが、すぐに使えると使ってしまうので、開けられない貯金箱を使うことで、諦めがついています。

まとめ

派遣社員は裕福は生活はできませんが、必要経費を予め振り分けておくことで、いざという時に必ず役に立ちます。

数年前まではできておらず何度も泣きを見てきました。

多めに振り分けておくと余った分は無理なく貯金に回せるので、まとまったお金が貯まると自分へのご褒美にも充てられますのでおすすめです。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました