派遣社員で時給アップしたい人必見!時給交渉を逃さない方法3選!!

派遣社員

派遣社員として働く上で最も重要な条件、それは時給ではないでしょうか。

生きるために働くわたしたちにとって、仕事内容はもちろん大切ですが、それだけでは生活は成り立ちません。

特に時給制の派遣社員にとって、祝日が多い月は出勤日数が少なくお給料の変動も大きいの不安要素のひとつです。

コロナ禍ですが、なんとありがたいことに10月から時給がアップしました!!!

1時間30円アップ!!!

駄菓子価格ですが、それでも1か月にすると約5千円にもなるのでありがたい収入です。

モチベーションも上がるので更に仕事の効率もアップできて、10月は調子よく働けています。

時給交渉をしたいと思われている方は、このタイミングがおすすめです!

時給アップについて

  1. 更新のタイミング
  2. 業務内容変更時
  3. 思いがけず企業から
1.更新のタイミング

派遣社員は定期的に契約更新があります。自動更新ではありませんので、必ず派遣会社との面談の中で意思確認の場が設けられるのです。

契約更新のタイミングで、派遣会社に時給交渉の依頼をしてみましょう。

企業には「時給を上げる価値がある」と思ってもらえることが大事なので、まずは認めてもらえるように努力をして、ご自身の強みをアピールしつつ時給交渉に臨むことをおすすめします。

2.業務内容変更時

企業と結んだ契約書の仕事内容から変更になる時、業務が新たに増えるようであれば交渉のチャンスです。

タイミングを見過ごさないようにしましょう。

時給の交渉は交換条件ではありませんが、企業からよりスキルの高い仕事を求められるようなら尚更交渉の余地は十分にありますし、交渉もしやすいでしょう。

3.思いがけず企業から

わたしは今回企業側で評価をしてくださり、時給アップに繋がりました。

派遣会社からは交渉をしていなかったと聞いて驚きました!

時給交渉をしなくても時給アップして頂けるというのが初めてだったのと、1年前に既に100円アップしていただいており、今回は期待もしていなかったのでとても嬉しかったです。

また、認めていただけたという自信にも繋がります。

企業によっては3年間働いても1円も上げてもらえないという企業もありますし、業績によって今は難しいと判断されてしまうケースもあります。

それでもスムーズにアップしてもらえる企業もありますので、まずはダメ元で派遣会社にお願いをしましょう!

時給だけがすべてではありませんが、アップしてもらえるとスキルを認めてもらえたという気持ちにもなりますし、より仕事で返していきたいと思えるようにもなるでしょう。

モチベーションが上がると仕事に対する意識も高くなりますので、よりスキルアップに繋げていけますよね。

次の契約更新の際には是非、時給交渉をされてみてはいかがでしょうか。

まとめ

派遣社員は3年の壁があり、契約の終わりが予め定められておりますので、少しでも早い段階で時給アップの交渉をされることをおすすめします。

「私なんて・・」となかなか言い出せない方もいるでしょう。わたしも昔はそうでした。

ですが10円でも上げてもらえるとやはり嬉しいですし、自分の成果として自信にも繋がります。

派遣会社の方から「時給交渉します」と仰ってくださるケースもありますが、待っているより行動に移しましょう!

派遣社員は転職をするとまた時給はリセットされてしまいます。

だからこそ、少しでも早いタイミングで交渉をされることをおすすめします。

Originally posted 2020-10-29 10:47:22.

コメント

タイトルとURLをコピーしました